蒸しパン&肉ネタ&酒粕ネタ

最近、おやつとして作るのにちょっとハマっているのが蒸しパン。

簡単!早い!おいしい!ほっこりする~♪

IMG_3848.jpg



蒸しパンレシピは以前自分がいいと思ったレシピを基本にして、色々いじってます。
こちら

このレシピ、自分でプリントアウトしたのがどっかいってしまって。。
よく自分で自分のブログを検索してます。

完全にブログを自分用の記録メモとして利用中…



最近作ったのは、抹茶バージョンやチョコバージョン、かぼちゃ×黒糖バージョンなど。

これはココアとチョコチップを入れたチョコバージョン。


ポイントは…一つの型ででっかく仕上げること(笑)

しょっちゅう蒸しパン作ってると、小さい型を使うのが面倒臭くなってきて。。

しかも、食べるときに一つ一つの紙やアルミの型をはがすと型に生地がつくし、なんか面倒臭い。
(↑基本的に面倒臭がり)

でっかい型で一気に蒸し上げ、粗熱が取れてからバッサバサ切ると型も沢山いらないし、手際よく食べれるという感じです。

型が大きいことで蒸し上げる時間がちょっと長めにはなるのと、蒸す火加減にちょっとしたコツがある感じ。

最初は中強火で15分、そのあと中火で10分ぐらい蒸しました。

(ずっと中火だとあまり伸びずに目の詰まった蒸しパンになった)



そして出かけ間際にバタバタと雑なメモを息子に残して、愛情おやつの完成♡

IMG_3869.jpg


むしパン…と言ったら「えっっ!?…虫!?」と言っていた、あの頃のかわいい息子はもういない。。

私が出かけて戻ってきたときには、しら~っと食べきってました。ふんっ。





また今日も溜め込んだネタで長くなりそう。。
お暇な方はお付き合いくださいませ☆
まずは肉ネタ。



子供が大好きな肉モノと言えば、ウィンナーやベーコンなどの燻製モノ。

いつでも冷蔵庫に常備しておきたいぐらい私も好きだけど…気になるんです、原材料が…。



気にならない人は別に気にならないで全然いいと思うんだけど、

私はどうしても材料のところにズラリと並ぶ“○○剤”とかいうのがどうも気持ち悪い。



私の母が以前大きい病気をしてから食べる物について考えることが多くなったのだけど、

子供が大好きなこの燻製モノのウィンナーやベーコンに、これだけのモノが入ってるのってどうなんだろうと思ってしまいます。
(私個人の感覚です)


そこで、実家が利用しているオリーブコープ(☆こちら☆)でよくウィンナーを買ってもらってます。


IMG_4093.jpg

IMG_4094.jpg

原材料が「豚肉、豚脂肪、食塩、砂糖、香辛料」のみ。

そうそう、コレだよね本当は。っていう材料でしょ。

賞味期限は短めだけど、納得はいく。

シャウ〇ッセンのようなジューシーさはなく、さっぱりしたウィンナーだけど
お気に入りです☆


(余談ですが、このパッケージのロゴ(書体)を変えたらもっと売れるんじゃないかと思ってしまうのは失礼かしら…)



もちろんウィンナーやベーコンに限らず、私達が口にするものは色んなものが入ってます。
そういうものを利用する事もしょっちゅうあるし、忙しいときは助かるし、おいしいと思います。
たまにそういうものをがっつり食べたくなることもある。


でも、そればかり続いたら本当は体によくないということ、
何かしら化学的なものが入っているということをちょっと知っているだけでもいいと思う。


体にいいか悪いか?の基準としては、
ソレを実際に作っている人が、自分の家族に毎日ソレを食べさせることができるか?ということだと思います。


今の生活の中ではそういうものをうまく利用しつつ、時間がある時は少しだけ自分のオリジナルのものに変えてみる…というのが私にとってのベストかな。



ということで、たまに作る燻製。


IMG_3908.jpg

豚バラでベーコン。


燻製もぼちぼち色々試してるけど、塩抜きという作業が難しい。。

なので塩抜きをしないでいい程度で塩に漬け、軽く寝かせて燻製を作ったこともあるけど、

やっぱりしっかり塩漬けしてからたっぷり寝かせ、塩抜きしてから作る燻製はおいしい~。


煙でいぶして香りをつけるときも、

熱燻といって高い温度で煙をのせるよりも、温燻といって低めの温度で煙をのせる方が肉が硬くならない。
(温燻の場合は、後で肉の中心部が一定の温度になるまで茹でる)


やっぱりおいしいものは手間暇がたくさんかかるっていうことですね~。



たまに「なんか食べたいものないん?」と、子供たちに聞くことがあるのだけど、

大体いつもは「ない」と答える子供たち。(←考えるのが面倒くさいヤツら)


でも先日息子がこのベーコンを食べて

「あ。お母さんが作るものの中で一番燻製が好きやけん、また作って」と。

お?そ、そお?そんなにぃ~??(〃▽〃) 

って子供に踊らされてるけど…アンタ肉だったら何でもええんとちゃうん。

「あ。」って、完全に思い付きで言ってるやん。。







肉ネタでしゃべり過ぎた次は、パンネタ。


酒粕、やっと見つけた~。

IMG_3971.jpg


毎年スーパーに酒粕が並んでるのを見ては色々試したけど、

酵母にしようとすると反応が薄く、今まで日の目を見なかった酒粕酵母。

4、5年前に初めて酒粕酵母に挑戦した時はあっさり成功したのに、それ以降さっぱり。

その時、どのメーカーの酒粕を使ったのかチェックすべきだったと後悔して数年。



今年2つ目に買った酒粕で、やっとヒットです。



前にうまくいった酒粕はコレだったかどうかは不明だけど、この酒粕は何の苦労も心配もなく3日目でブクブク。

仕込むときの水やはちみつの量が全く一緒でも、酒粕が違うと全然違う…というのを痛感。


この季節はコレで遊べる♪♪ということで、早速同じものを3つため買いしてきました。

(レーズン酵母はゆるく同時進行中)


IMG_3973.jpg

やはり、ここはしっかり自分のためのメモとして残しておく…





IMG_3957.jpg
IMG_3959.jpg
IMG_3961.jpg

この3枚目あたりが、カメラを置こうかどうしようか迷った瞬間。。

でもここで留まってセーフ!



IMG_3934.jpg

夜に焼きあがった酒粕バゲット。

酵母液をストレートで20%使用。

酒粕酵母のバゲットってもっと濃厚だった気がするけど、今回は割とあっさりめ。


内層は見るまでもなく…

でもおいしくいただきました。



IMG_3988.jpg

またも夜に焼きあがった酒粕山食。

IMG_3967.jpg

IMG_3977.jpg

酒粕酵母でゆるい元種を作って、山食に。

感覚としては、まさしくホシノ。

麹系だから当たり前だけど、いつもレーズン酵母で慣れている私としては生地のべたつき感がなんとなく苦手…

でもしっとり感とキメの細やかさは万人受けする感じで、好まれると思います。




酒粕酵母でカンパ。

IMG_4022.jpg

これも酒粕酵母でゆるい元種を作ったものを使用。

長い間、白ワインで漬け込んでおいたフルーツをたっぷり練りこんで。


IMG_4034.jpg

IMG_4042.jpg

IMG_4064-2.jpg

改善点はいくつかあるけど…

軽くなく、でも重くもなく、しっとりといい感じに焼きあがったと思います。

うま~~♡♡



次は何つくろ♪



今日も長いひとり言に付き合ってくれてありがとです☆



にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

ぽちっと応援していただけると嬉しいデス(〃v〃)

Pagination

Utility

FC2カウンター

どれでもクリックで応援お願いします~

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
                        

父の旅日記

 
 

禁止どす

このブログ内の文章、画像、イラスト等を無断で使用することを禁じます

プロフィール

うさみ

Author:うさみ
2008年より菌類に魅せられ、自家製酵母のパン作りにハマった怪しい主婦。

ダンナ、私、高校生の男のコ、中学生の女のコ、トイプードル2匹と暮らす日々。
いつの日か狭い庭にパン窯を作るのが夢。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: