オリーブと醤(ひしお)の島へ

GW前に焼いた、苺酵母のベーグル



クリームチーズと一緒に。

IMG_5318.jpg

生地は、はるブレ×ER×ライ麦粉。

もうちょっとふんわりなベーグルにしたかったけど、

少しヒキが強めなベーグルになりました。



同じく苺酵母でシンプルな丸パン

IMG_5347.jpg

焼く前に牛乳を塗ったのでマットな焼き上がりに。

形はちょっといびつだけど…

IMG_5342.jpg

苺の幸せな香りと、もっちりした食感がいい~~♪

バターとはちみつと一緒に食べました。



苺の季節が終わる前に…


IMG_5323.jpg

苺酒を仕込みました。


4月の頭に仕込んだ苺酒。

苺とホワイトリカーと氷砂糖少しとレモンのスライスを数枚。

少し時間が経ったらレモンを先に取り出し、

味見しながら熟成するのを待つ…

…待つ、はずが・・・


あまりのおいしさにどんどん飲んじゃって(・・;)

それが右の苺酒デス。



それで慌ててもう一瓶仕込んで、もっとおいしくなるまで待つのです~。

私は炭酸水で割って飲むのがお気に入りです。


一番右はりんご酒。

左から2番目がレモン酒。

りんごは低農薬、レモンは無農薬のものを使用。

(一番左はドライフルーツのワイン漬け)



冷蔵庫の上に置いてたんだけど、そろそろ気温が上がってきたから

場所を変えなきゃな。




マイ苺ブームにのって、はんこを作ってみました。

IMG_5351.jpg



上のは既成品のはんこデス。

雑で下手くそなんだけど、たまにしか作らない割には30分ぐらいでできました。

ちょっと気に入ってます。


緑のインクがなくて黄緑にしたんだけど、やっぱり緑のインク買ってこよ。






GWも終わっていつもの日常ですね。

我が家は5月3日から2泊3日で小豆島へ行ってきました。

息子はサッカーの遠征で3日間いないので…残された3人で行ってきました。



小豆島へ行ったのは、記憶によると今まで3回。


1回目は小学生の頃。友達と「お猿の国」へ。

2回目は父が小豆島ハーフマラソンに出るというので応援で。

3回目は20年前、当時付き合っていた彼…現旦那(笑)と2人で。


まさかその時は、20年後に子供連れてまた小豆島に来るなんて想像もしてなかったけど(・・;)

…まぁご縁があってこういうことになりました(笑)



高松も小豆島も同じ香川県なんだけど、

近いといつでも行ける気がしてなかなか行けないものなんですよね。


劇場に見にいった映画「八日目の蝉」や、最近見た韓国ドラマ(笑)や、芸術祭の舞台となっている小豆島。

前から大好きなオリーブや醤油作りに興味があって行きたいと思っていたので

ちょっとワクワク~♪




長い旅日記、お暇な方はお付き合いください☆



高松港を出発~
IMG_5358.jpg


船内へ入ると…

うっ…この匂いは!?

うどんのダシのめっちゃええ匂い~~

ちょっと肌寒いし、あったかいうどん食べたいわ~

(↑ダシの香りに弱い讃岐人)


でもすごく量が少なくて400円!?

しかもどうせ冷凍うどんだよね…がまん、がまん…

(誘惑に勝つ)



フェリーには鯉のぼり♪

IMG_5368.jpg



小豆島到着です。

IMG_5375.jpg


そうめん工場はもう一通りの作業を終えてたので見学できず。

IMG_5378.jpg

室内でそうめんを乾燥させてました。



お昼ごはんはもちろん…そうめんでしょ~♪


「流しそうめん」の看板を見た娘が「流しそうめんを食べたい!」と。

ただそうめん流すだけなのにぃ~と思うけど、

まぁその気持ちも分かる分かる。


でもここの流しそうめんは長~い竹ではありません。


IMG_5379.jpg

THE・流しそうめんマシ~ン(笑)


店員さんが「足元すみませ~ん」と、足元の蛇口をひねる。

IMG_5381.jpg



…と、ピンクのレーン(?)の底面にある、白い吹き出し口みたいな所から水が出てきた~!

IMG_5387.jpg

すごい勢いで流れるそうめん(笑)


なるほど。モーターではなく、水が出てくる勢いで回すみたいです。

あふれた水は真ん中の排水口へ。

すごいシステムだ~


IMG_5386.jpg

娘ちゃん大満足の様子。


私は「オリーブそうめん」を注文。

IMG_5382.jpg

おいしい~~





それからオリーブ公園へ。

IMG_5393.jpg
IMG_5395.jpg
IMG_5405.jpg

一面のオリーブ畑の向こうに広がる海。キレイ~。

天気もよくて、寝転んでいる人も。







新しい土地を探検するのが趣味な旦那。

山の奥地へ進んでいる途中…

IMG_5418.jpg

シカ発見!

葉っぱの陰からこっちを見てます。

IMG_5422.jpg

あ、2頭いた。親子?夫婦?




1泊目はダムの駐車場をちょっとお借りして…

IMG_5429.jpg

近くにキャンプ場もあるんだけど、テント張らずに車内泊なので近くにトイレさえあればOKです。


奥に不思議な像が…
IMG_5431.jpg


夜にはライトアップ。
IMG_5447.jpg


翌日、早朝から釣りするも…
IMG_5451.jpg

IMG_5455.jpg

釣れたのはこんな小さい魚だけ(*_*)




それからマルキン醤油さんへ。

IMG_5462.jpg
IMG_5463.jpg
IMG_5465.jpg

不思議な人形…

娘もカメラを持ってあちこち撮影。


IMG_5469.jpg
IMG_5468.jpg
IMG_5466.jpg
IMG_5467.jpg
天然醸造蔵を見学。

ガラス越しに見るんだけど、ずら~っと奥に並んでいる木桶がすごい。

静かにゆっくりと…時間をかけて発酵熟成しているお醤油ちゃん。

発酵好きにはたまりません♡


IMG_5479.jpg
IMG_5481.jpg


「醤(ひしお)の町」に並ぶ、沢山のお醤油屋さん・佃煮屋さん。

IMG_5482.jpg
IMG_5485.jpg

そんな町並みで目につくのがソフトクリーム。

IMG_5486.jpg

醤油ソフト、佃煮ソフト、もろみソフト、みたらしソフト…

ソフトクリームの激戦区ですな。

娘が醤油ソフトにするというので一口もらいました。


うんうん。おいしい!

醤油の塩気と、香ばしい香りがクリームと合ってます。



そんな合間に、また不思議な人形発見…

IMG_5484.jpg
IMG_5484_20130507124259.jpg

…??????





マルキン醤油記念館へ。

IMG_5502.jpg
IMG_5510.jpg
IMG_5511.jpg
IMG_5507.jpg

夏休みの題材に これで これがいいやん!と娘に勧めて、沢山写真を撮らせる。



IMG_5521.jpg

旦那が気に入ったポスター。
ロゴがカッコイイそうです。

うん、カッコイイね。



IMG_5505.jpg

私が気に入ったポスター。
いい感じ~!




観光はマルキン醤油さんがすごく人気があるようだけど

近くの金両醤油さんにも行きました。

IMG_5523.jpg

金両さんは「きき醤油」といって醤油の味見をさせてくれ、丁寧に説明をしてくれました。

かと言って醤油を買うように勧めるわけでもなく、

「なんでもご質問があれば言ってくださいね。ではごゆっくり…」と、丁寧な接客。

こういう接客は嬉しいですね。

娘が「大豆醤油」を気に入ったので、こちらで買いました。




そして、旦那おススメ(?)お猿の国へ。

IMG_5536.jpg

今どきのお猿の国は、人間が檻の中に入ります。

(エサやりをする人だけ檻の中へ)


IMG_5542.jpg
IMG_5538.jpg

エサの奪い合いで猿が喧嘩をするので、娘も真剣な表情。



「のぞきこむな」と書かれてあるけど

部屋の中でお弁当を食べているスタッフを、猿が隙間からのぞきこんでいる図

IMG_5557.jpg



IMG_5571.jpg
子ザル


IMG_5559.jpg

…おばあさんだそうです。めっちゃ個性的(笑)


IMG_5573.jpg
あっさりとして甘さ控えめでおいしいオリーブサイダー。


道の駅で2泊目をすごし、最終日。

オリーブ記念館へ。


IMG_5591.jpg

おっと!オリーブソフトもあったか。

でももうソフトはいいや。


IMG_5593.jpg

オリーブゾウムシにやられて死んでしまった、オリーブの原木。

オリーブゾウムシめ。



IMG_5594.jpg

オリーブはもともとアジアのものだったんだ~。
ヨーロッパかと思ってた。


IMG_5597.jpg

秋にはオリーブの実を絞る体験をさせてくれるらしい。

そこで絞ったオイルを後日送ってくれるんだって!いいな~。




海でまったり。

IMG_5613.jpg
IMG_5598.jpg
IMG_5607.jpg
IMG_5610.jpg
IMG_5611.jpg






そして「エンジェルロード」へ。

エンジェルロードとは干潮によって現れる道で、そこを歩いて無人島まで渡れるようになるんです。

恋人と手を繋いで渡ると恋が成就するとかなんとか。


IMG_5627.jpg

日によって渡れる時間が変わります。

ちなみに、渡れない時間帯に行くと…

IMG_5578.jpg

島まで渡れません。

車から撮ったのでわかりにくいですが…

左から右に進むんだけど、真ん中まででストップしているようです。




我が家はこの日、昼前に行くと

IMG_5617.jpg

広い広い道が出来ていました。


もうちょっと狭いぐらいがスリルあるかも?

IMG_5621.jpg

渡った先の島には沢山の絵馬が。


IMG_5624.jpg

潮干狩りの道具もってくればよかったよ(笑)



そして最後の観光。

中山地区の「千枚田」を見に。

IMG_5628.jpg
IMG_5630.jpg



ここは映画「八日目の蝉」で“虫送り”というシーンを撮影した場所なのですが

それがとても印象に残っていて、行ってみたいなと思っていた場所です。


2年前の芸術祭の時に作られたものがコレ。

IMG_5642.jpg
IMG_5633.jpg
IMG_5637.jpg
IMG_5638.jpg
IMG_5640.jpg

竹でできた巨大なオブジェ?なんだけど

竹ってすごい!竹って気持ちいい~って思える空間。

靴を脱いで竹を踏む感触を楽しみます。

ごろ寝しちゃう人が沢山いるほど、不思議と落ち着く場所です。



このすぐ近くにある食堂?いや、カフェって感じのお店。

IMG_5650.jpg
IMG_5651.jpg
IMG_5652.jpg

中がとってもいい雰囲気で、ここで食事してみたかったけどこの時で7~8組は待っていました。

GWはお店の人も大変ですね。



江戸時代から残る国定重要有形民俗文化財

「中山農村歌舞伎舞台」

IMG_5654.jpg
IMG_5653.jpg

映画にも出ましたね~。




最後の最後に…

IMG_5661.jpg

潮干狩りをして帰ってきました。




小豆島、とっても素敵な所で楽しかった☆

次に行く時は孫と一緒かしら…?(笑)



しいていうなら、お猿関係のお土産が全くなかったので

何かあればいいですね。


昔風のモノじゃなくて、なにかこう…ないかな?



今は小豆島といえばオリーブだけど、私達の世代は猿だったんですよね。

お猿の国のお土産屋さんにも猿グッズが一つもないってのはちょっと寂しい…と旦那。

確かに。




それにしても、久々にのんびりできた3日間でした。

魅力たっぷりの小豆島。是非行ってみてくださいね♪

IMG_5663.jpg





にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


ぽちっと応援していただけると嬉しいデス☆


Pagination

Utility

FC2カウンター

どれでもクリックで応援お願いします~

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
                        

父の旅日記

 
 

禁止どす

このブログ内の文章、画像、イラスト等を無断で使用することを禁じます

プロフィール

うさみ

Author:うさみ
2008年より菌類に魅せられ、自家製酵母のパン作りにハマった怪しい主婦。

ダンナ、私、高校生の男のコ、中学生の女のコ、トイプードル2匹と暮らす日々。
いつの日か狭い庭にパン窯を作るのが夢。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: