ニーダー買ってまたセントル

かなーり遅いご挨拶…

今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

年始からなんだかバタバタして今になってしまいました(汗)


年始そうそう買ったもの…ニーダーです。

日本ニーダーさんのPK1012








【期間限定5%OFF】 パン/うどん/お餅/パスタ/...

【期間限定5%OFF】 パン/うどん/お餅/パスタ/...
価格:41,800円(税込、送料込)



今の所、ここが最安値かな?
私は中古を買える機会があったので中古を購入。


年末からホップ種やイーストでセントルの角食をしょっちゅう焼いてるのだけど…

HBでは食パン1斤分しか捏ねれない!
時間差で数回捏ねてもいいけど、いちいちパンケースを洗わなくちゃいけないのと、

いくら長時間かけて生地を発酵させるとは言っても、微妙に時間がずれてくるので同時にオーブンに入れれない…

ということで、私の大好きな日本ニーダーさんのニーダーを買うことにしました。

ほとんど捏ねのみで6年ほどお世話になったHBは、天然酵母起こしの温度管理専用として活躍中です。

(冬場は28度をきっちりキープしてくれるので助かる)



このニーダー、思っていたよりも高性能でびっくりしました。

コースの中に「水和」という工程が組まれています。

へぇ~!家庭向けのニーダーなのに本格的だなぁ…と思っていたら

捏ね→水和(オートリーズのようなもの)→捏ね→発酵→パンチ→発酵→パンチ

の工程の全て、捏ね速度(5段階)と時間(秒、分)を好みでそれぞれプログラムして記憶させておくことができるんです。
(いらない工程は省けます)

すご!そこまで好きに設定できるのは嬉しい。

でも問題は温度です。

ポットが外に出ているので連続使用してもモーターの熱で温度がどんどん上がらないのはいい所。

でも発酵させる保温機能はないので、自分で調節する必要があります。

なのでイーストでテンポよく生地を作る時はいいかもです。

酵母で長時間じっくり温度管理&生地の状態をチェックしながら作る場合は、

捏ねだけお任せしてあとは自分で進める方が楽かも?




ところでこのニーダーに付いている取説…分かりにくいです。

よく読んだら分かるので「すご!」って思うけど、

ちゃんと読まないと「ややこしいな。捏ねればいいや」で終わってしまうのが勿体ない。




それでレシピが付いているんですが、それがまた特殊。

ほとんどが「おおち法」のパン作りレシピ本なんです。

「おおち法」とは…


以下、レシピブックより

「おおち法とは…家庭で簡単に美味しいパンを作れるように、という想いを持った大地修造、慶子夫妻が

欧州のパンマイスターについてパン作りを学び、科学的に酵母等の研究を重ね、データを取りながら

確立された製パン法です。

-特徴-

◎おいしいパン作りの決め手となる「水和」「熟成」「発酵力」のそれぞれのピークに合わせた作り方をする

◎粉を2回に分け、こねてから発酵を行うことで良質なグルテンが作られ、キメ細やかな生地ができる」


詳しく言うと、1回目の捏ねでは粉40%に対して水を全量入れることにより水和(グルテン作り)を促進させる

その後で生地を休ませ、水和を促進させる

そして2回目の捏ねで残りの粉60%と油脂以外の材料を入れ、捏ね上げる。油脂は後で入れる

…という工程が特徴のようです。



そしてレシピ本に出てくる材料名で「Kブラン」というものを発見。

ん~? Kブラン… 大地修造…

あ!思い出した。志賀せんせぇの本だ!



本「パンの世界」をパラパラめくると、あったあった。大地修造サンの名前。


P70とP161に出てきてました。しかも、ちゃんと「おおち法」の名前まで出てました。

前に呼んだ時は全然気にならなかった…(*_*;

志賀せんせぇは、大地さんに発酵における乳酸菌の大切さについて刺激を受けた…とありました。

乳酸菌の専門家である大地さんから冷凍で発酵種を買っているそうです。


…しかも志賀せんせぇはKブランではなくSブランでしたね(頭の中でKコンプレとSブランが混ざってた)


とにかく、今回買ったニーダーはそんな大地さんの監修により誕生したそうです。

へーー!なんだか偶然すごいところに辿り着いたもんだ。。



使い心地としては、生地の水分が多いと生地がステンレスのポットに結構くっつきます。

姉が持っている「こね丸くん」というニーダー(JHBSで販売されているニーダーで大正電機のもの)と比べると

こね丸くんの方が音は静かでどっしりとしていて、PK1012の方がガタガタという音がするなーという印象です。

それでも十分にパワフルに捏ね上げてくれ、スピードが5段階も調整でき、累計使用時間の表示や、ポット内の温度も表示してくれます。

中古の割に結構な値段がしたけれど、買って損はなかったかなーと思いました。



そこで早速またセントルの角食を。

IMG_8490.jpg

ホップ種×ゆめちからブレンド×湯種を使用


やっとこんなもんかなぁ?という具合にできた…かな?


でもちょっと気になるのが、皮がふかふかする所…

IMG_8484.jpg

この写真でいうと…


IMG_8486-2.jpg

ココです。

ココは中身がきっちり型いっぱいに伸びていなくて、

冷めたらここがしぼんで皮がふかふかするんです。。



それと、冷めたら天辺の面が少し凹むんです。

IMG_8513.jpg

でも今回はこれでも凹まなかったほう。

ちゃんと伸びきっていないと、もっと凹みます。



もっと何度も作ってみないとですね。

ホップ種のセントル角食、もらってくれた人は結構気に入ってくれるので

これだけはどんどん作れます(笑)

本の通りにイーストでもいいんだけど、イーストは常備してないし、菌は冷蔵庫の中の瓶にたっぷりあるし(笑)

また作ってみようと思います。



他にもネタが溜まってるけど、また次回で…。

Pagination

Utility

FC2カウンター

どれでもクリックで応援お願いします~

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
                        

父の旅日記

 
 

禁止どす

このブログ内の文章、画像、イラスト等を無断で使用することを禁じます

プロフィール

うさみ

Author:うさみ
2008年より菌類に魅せられ、自家製酵母のパン作りにハマった怪しい主婦。

ダンナ、私、高校生の男のコ、中学生の女のコ、トイプードル2匹と暮らす日々。
いつの日か狭い庭にパン窯を作るのが夢。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: