良い本

毎日暑すぎて暑すぎて…早く夏が終わればいいと思っているのに

ふと鏡に映った私のTシャツのロゴ。


「SUMMER FOREVER」


さ、さまー  ふぉーえばー・・・(゜.゜;)

Noooooo~~!!




そんな私とは正反対に

冷房が効いた部屋にはいられない・・と旦那が犬を連れて車でどっかに出かけました。

ハイ、野生児。

行ってらっしゃい~







最近読んだ本より

タルマーリー(鳥取県のパン屋さん)の店主さんが書いた本「腐る経済」




すっごく面白かった。

どう面白いかは、文章が上手な方が書いた色んなレビューを読んでいただくとして…


とにかくお金が必要な今の時代。

物価も税金も上がっていき、子育てにも相当なお金がかかる。

でも収入は増えないので…どんどん苦しくなっていく我が家。



そんな中でこの本を読んで、今まで「お金」はただの「お金」でしかなかったものが

「お金って一体何??」ということになりました。



本を読んで、私なりの解釈は・・・


個人がそれぞれに技術を習得すること!

必要以上に儲けようとすることは、自分の首を絞めることになる!

あきらめるな!質を落とすな!ラクしようとするな!

今の世の中の流れにのまれるな!

自然からの恵みに注意深くあれ!


…さぁ、今の私にできることは!?







もう一冊、よかった本

「回避性愛着障害~絆が希薄な人たち」

【楽天ブックスならいつでも送料無料...

【楽天ブックスならいつでも送料無料...
価格:907円(税込、送料込)



あることをちゃんと調べたくて購入して読んだんだけど

これを読むと今の世の中が改めて恐ろしく感じます。。


時代に「対応」してきたつもりの私達人間だけど

愛着の崩壊によってさまざまな問題が引き起こされています。

結婚率、出生率の低下、人口減少、虐待、精神疾患、うつ、依存症など…



本によると、

子供が生まれてから二歳ぐらいまでの間に

特定の養育者との間でしっかりと「愛着」が固定されることが重要。

その後もしっかりと愛着を結ぶこと。

愛着が安定すると、それが子供の後ろ盾となり

子供は安心して活発に冒険し、外界を探索するようになる。

親が子供の安全基地となる。



サルの場合、

母ザルは、人間のように長時間、幼い子供を他人のもとに預けるようなことは決してしない。

母親から離れると強いストレスを生み、脳の発達に影響することが動物実験で裏付けられている。




メディア依存も問題。

これは「種としての危機」だという。


まさに同感。


今のメディアは、どれだけ人をメディアに引き付けるかに躍起になっていると思う。

大人も子供もその罠にかかっている。

その結果、常に情報を介して人と繋がっていないと不安になる。

そこで、自分が必要な時だけ線を繋ぎ、必要ではない時は線を断つことができるかどうか?が重要になってくると思います。


うまく人間がメディアを利用してるつもりが、

気付けばこっちが首輪付けられて引っ張り回されている…



そんな時は

スマホを置いて家族でトランプしましょう~

電波の繋がらない所へキャンプに行きましょう~

野菜を育てましょう~

私達の豊かな発想力と絆が萎縮してしまわないように。



・・・ん?

オイッ!そこの男子高校生っ!ご飯中にスマホ見てんじゃないよっ! (息子)

アンタも静かだと思ったら、ゲームばっかりしてんじゃないよっ (旦那)

って、勝手に私のスマホ触ってんじゃないよっ (娘)

え?ああ、もう少しでブログの更新終わるから待ってね~ (私)


・・・(-ω-)





2冊の本、どちらにも共通して言えること…

それは、人間の基本スタイルを忘れてはいけないということ。



正しい生活、正しい愛情。

原点は変化することなく、いつまでも。

Pagination

Utility

FC2カウンター

どれでもクリックで応援お願いします~

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
                        

父の旅日記

 
 

禁止どす

このブログ内の文章、画像、イラスト等を無断で使用することを禁じます

プロフィール

うさみ

Author:うさみ
2008年より菌類に魅せられ、自家製酵母のパン作りにハマった怪しい主婦。

ダンナ、私、高校生の男のコ、中学生の女のコ、トイプードル2匹と暮らす日々。
いつの日か狭い庭にパン窯を作るのが夢。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: