2017 スズメ①

GWにうちの狭い庭で1週間ほど連泊した“まんじゅう”。


実は、まんじゅうが庭でピーピー言ってる最中の出来事・・・・(=ω=。)




またGW中に旦那の母よりキョーフの電話。

旦那 “…え?…うん。ホンマか~。んじゃ行くわ” ニヤリ。



え、何、そのニヤリって。。。



嫌な予感的中。

旦那 「実家でスズメの雛つかまえたって言ってるけど、どーするん」

子供達 「行く行く行く~~!!!」






私だけ足取り重く、家族みんなで実家に向かうと

「ここの中や」と言って虫取り網を指差すじーちゃん(旦那の父)。



白い網の中でモゴモゴと動くものをそろーっとどけると

・・・雛。

スズメの雛や。。

こんな網で捕まえられてかわいそうに。。。。( ̄_ ̄|||)



でも去年のチュンちゃんみたいに毛も生えてないような雛ではなく

見るからに巣立ったばかりじゃないかと思う大きさの雛です。

それに、短い距離だけど飛びました。



聞くと、屋根の瓦と樋の間に巣を作っていたらしく、

そこから真下の所にずーっといたらしいです。

でもそこは、タマ (野良猫) の通り道だから、ここにいたら食べられる…

と気をきかしたばーちゃん(旦那の母)が捕獲。


そして孫が喜ぶだろうと電話してくれたという経緯です。




雛をよく見ると、足が片方おかしい事に気付きました。

左足の親指が逆の方を向いていて、

木につかまろうとしても爪をひっかけることができない指の形をしています。




さぁ、ここでは皆それぞれに考えていることがあります。



●じーちゃんばーちゃん…猫からスズメを守った。孫も喜んでる。よかったよかった。


●子供達…今年もスズメがやってきた。しかも足が不自由だから家でずっと飼えるかも。ラッキー!

●旦那…この足では、ここに置いていても猫にやられるのは時間の問題。
      人間に捕まるぐらいだから、足が悪いのが原因だろう。保護してやった方がいい。
      またスズメと遊べる~(←表情に出てる)


つまり、みんなスズメを家に持って帰る方向で盛り上がってます。



こういう雰囲気の中で、私一人が違うことを。



●私…

絶対に巣立ちしたばかり。親が餌を運んで来てる最中に違いない。
まんじゅうのトロくささを見ても分かるように、
このスズメが人間に捕まったのも足が原因ではなく、
巣立ちしたばかりだから。
    
雛としても程よく太ってるし、
家の中から見守ってれば、親が頻繁に餌を運んでくるのを見れるはず。

もし猫にやられたらやられたで、それも自然淘汰。(…見たくないけど)
ここまで雛が大きくなっているなら、人間が手出ししない方がいいんじゃ。。

しかも足が悪いなら、一度人間が保護したらずっと保護しなきゃいけなくなる。
子供達は喜ぶだろうけど、違う気がする。
  




…これ、盛り上がってるみんなの前で言えますかね( ̄_ ̄ i)


いや、言いましたよ。

きっと巣立ったばかりだから、いなくなったら親が探すんじゃないか、とか

放っておいた方がいいんじゃない?もうちょっと様子見た方が…とか。




でもそんな嫁1人に対して、持って帰らなきゃ!と盛り上がる5人。

「やられたらやられたで自然淘汰」

ってのは、私、よー言わんかった。。。





つまらない文章ばかりですみません。

次からは写真入りでお話を。。



つづく!

Pagination

Utility

FC2カウンター

どれでもクリックで応援お願いします~

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
                        

父の旅日記

 
 

禁止どす

このブログ内の文章、画像、イラスト等を無断で使用することを禁じます

プロフィール

うさみ

Author:うさみ
2008年より菌類に魅せられ、自家製酵母のパン作りにハマった怪しい主婦。

ダンナ、私、高校生の男のコ、中学生の女のコ、トイプードル2匹と暮らす日々。
いつの日か狭い庭にパン窯を作るのが夢。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: